アンドロメダ
 
心をさ 例えてみればさ
出口のない迷路のようでさ
「大丈夫さ」 声が聴こえても
結局さ 分からないままさ
 
アナログ時計に閉じた記憶を呼び覚ませば
「何も知らなければよかったなぁ」 心は正直だなぁ…
 
僕の心を見透かしているようなアンドロメダ
お前はどこに行くのだ その命燃やして
 
もう僕をおいていかないで 光の軌跡を目印に
もう僕を迷わせないで   光の軌跡を道筋に
  
僕の心を笑っているようなアンドロメダ
お前にはおいつけないよ 息を切らしても
 
ねぇ僕を忘れないでね 光の軌跡にさよならを
ねぇ僕を忘れないでね 光の軌跡に足跡を